NOIBARA - TOP > バラ図鑑 > その他 > ソレイユ ドール

ソレイユ ドール

soleil d' or.jpg
【ソレイユ ドール:データ】
和名 ソレイユ ドール
英名 Soleil d'Or
系統 HFt (ハイブリッドフェティダ)
作出者 Perner-Ducher (ペルネ-デュシェ)
作出年度 1900
作出国 France (フランス)
紹介文 花色はオレンジがかったアプリコットイエローで、青リンゴのようなさわやかな香りがします。

フランスの育種家ペルネ デュシェ(Pernet-Ducher)は、西アジアの原種で黄色い花の「ロサ・フェティダ」(Rosa foetida)と「アントワーヌ・デュシェ」(Antoine Ducher)をかけ合わせ、1900年にこの「ソレイユ・ドール」を誕生させました。この品種が最初の黄色のハイブリッド ティーローズとなり、現代の黄色系品種のルーツとなりました。歴史的にも貴重なバラです。

品種名の「ソレイユ・ドール」は、フランス語で「黄金の太陽」の意。
ロゼット咲き。早咲き。樹形:半横張り 150×120cm
交配種:アントワーヌ・デュシェ Antoine Ducher×ロサ・フェティダ Rosa foetida(Persian Yellow)

サイト内検索

メールフォームはコチラから 画像や情報のご提供をお願い致します。